利用規約

<b>水戸プラザホテル「宿泊予約システム」利用規約</b> 株式会社伊勢甚本社水戸プラザホテル(以下「当ホテル」という)が運営する宿泊予約システム(以下「本システム」という)を、お客様(以下「利用者」という)にご利用していただくにあたり、利用規約(以下「本規約」という)を設けさせていただいております。また、本システムを利用してご予約をされた時点で、本規約にご同意されたものとみなします。 <hr> <b>第1条(本システム利用者とは)</b> 本規約にご同意いただいた利用者のみが本システムをご利用になれます。 <hr> <b>第2条(本システム利用に際し)</b> 1.利用者には、インターネット利用の一般的なマナーや技術的ルールを守っていただきます。 2.営利を目的とした本システムの利用は、事由の如何を問わず固くお断りします。 <hr> <b>第3条(本システムの提供サービス)</b> 本システムでは、当ホテルが提供する商品の一部についての予約が行えます。 <hr> <b>第4条(予約申込)</b> 1.本システムを利用しての予約申込の場合、希望する商品の予約申込フォームへ必要とされるデータを全て正確に入力してください。 2.予約申込フォームへのデータ入力に不備があった場合、その予約は無効となる場合があります。 <hr> <b>第5条(予約の取り消しと変更)</b> 本システムでのご予約・変更・取消し(キャンセル)は本システム上で行うこととします。 <hr> <b>第6条(本システム利用上の注意)</b> 本システムの提供するサービスは、本システム以外で提供するサービスに対して優位性を持つものではありません。満室等の理由によりご予約いただけない場合もあります。 <hr> <b>第7条(自己責任)</b> 1.本システムのご利用にあたり、利用者自らの行為およびご自身のアカウントよりなされた一切の行為、およびその結果について、利用者自身の行為の有無・過失の有無を問わず、利用者はその責任を負うものとします。また、本システムのご利用にあたり、当ホテルの過失に因る場合を除き、利用者が第三者に損害を与えた場合、利用者は自己の責任と負担において当該第三者との紛争を解決するものとします。 2.利用者が次の事項のいずれかに該当する行為により、当ホテルに損害を与えた場合、当ホテルは該当の利用者に対して、被った全ての損害の賠償を請求出来るものとします。 ・本システム利用規約、当ホテルが別に定める宿泊約款・利用規約に違反した場合。 ・有害なプログラムの送信、書き込みを行った場合。 ・第三者の情報の送信、書き込みを行った場合。 ・利用者の私的利用以外の目的で、当ホテルに無断で利用した場合。 ・その他日本国内で有効な法令に違反する行為を行った場合。 <hr> <b>第8条(利用規約に反する場合の措置)</b> 第三者に迷惑・不利益を与える行為、当ホテルのサービスの提供に支障をきたすおそれのある行為、当ホテルが不適当と判断する行為をおこなう利用者には、本システムおよび当ホテルの利用をお断りいたします。 <hr> <b>第9条(利用のシステム環境)</b> 本システムは、利用者が一般的な文字表示(日本語表示)や電子メール等の諸設定を適切になされていることを前提条件としております。この条件に当てはまらない利用者の動作結果やそれがもたらす諸影響に関して、当ホテルは一切の責任を負いません。また、上記条件を満たしていても、当ホテルの管理の及ばない原因によって、本システムが正しく作動しない場合につきましても、同様といたします。 <hr> <b>第10条(キャンセル料)</b> 利用者に帰すべき事由によりご予約が取り消された場合、当ホテルの宿泊約款に定めるキャンセル料をお支払いただくものといたします。なお、詳細は当ホテルまでお電話にてお問合せください。 <hr> <b>第11条(システム内容の変更)</b> 本システムの運営もしくは内容の変更は、当ホテルが必要と判断した場合、事前に利用者に通知することなく変更を行う場合があります。本システムのご利用に際しましては、毎回必ず本規約をご確認ください。本規約内容の変更後は、変更後の内容のみが有効となり、変更前の内容は無効となります。 <hr> <b>第12条(システムの中断)</b> 当ホテルは、次のいずれかに該当する場合、利用者への事前の通知や承諾なしに、本システムの一時的な利用の中断をおこなうことがあります。 1.本システムの保守または工事をおこなう場合。 2.天災・事変、その他非常事態が発生し、または発生のおそれがあり、本システムの運営が困難となった場合。 3.当ホテルが、上記以外の事由により、本システムの一時的な中断が必要と判断した場合。 <hr> <b>第13条(取り扱い法令)</b> 本システムに関する取り扱いは、日本国内にて有効な法律に従います。 <hr> <b>第14条(合意管轄裁判所)</b> 利用者と当ホテルの間で訴訟の必要が生じた場合、当ホテル所在地を管轄する裁判所を利用者と当ホテルの合意管轄裁判所とします。 <hr> <b>第15条(本規約の有効)</b> 本規約は、平成19年5月7日より有効とします。なお、当社は社会経済情勢の変化ならびに諸般の事情で、本規約の改正と変更を、利用者への事前の通知無しに出来るものとします。 <hr>